山形大学農学部
 

食農環境マネジメント学コース

安全・安心な食料を供給し、農業生産を拡大し、農村を守り、環境を守るためには、限られた資源(物的資源、人的資源)を有効に利用するためのマネジメント(管理)が必要であり、その重要性が増してきています。食農環境マネジメント学コースではマネジメント(管理)、具体的には農業経営やコミュニティビジネスの発展方策や地域活性化手法、食の安全を担保するフードシステムや循環型社会システム構築に関する理論や方策などを学びます。



  特色ある授業 主な授業

1年次

食農環境マネジメント学概論
農業経営やコミュニティビジネスの発展方策、地域活性化手法、フードシステムや循環型社会システム構築の理論や方策など2年次以降に学ぶ内容を紹介します。
農学入門
農学最前線
食料生命環境学概論
基礎農学セミナー
食農環境マネジメント学概論

2年次

地域・環境問題概論
地域社会がこれまで経験してきた様々な社会問題を、歴史的・経済的・社会学的といった幅広い視点から考察する方法・考え方を学びます。
地域活性化論
食農環境経済学
食農環境経営学
農村地域の歴史と生活
データマイニング演習

3年次

コミュニティビジネス論
コミュニティビジネス(地域の課題を地域住民が主体的に、ビジネスの手法を用いて解決する取り組み)について概要・理論と実際の活動・課題を学びます。
食農環境会計学
食農環境地理学
食農環境システム論
食農環境調査論
社会統計と農業の経済分析

4年次

食農環境マネジメント応用演習
各教員のもとで、卒業論文作成を目指して、文献の輪読やデータの整理方法など知識取得のためのゼミや現地調査等を行います。
食農環境マネジメント応用演習
卒業論文

教育研究分野紹介

食農環境経済学分野

食料・農業・農村問題や資源・環境問題についての経済学的分析、農業・農村の活性化計画の策定方法やそのための合意形成手法に関する教育を行っています。
食農環境政策学分野

これまで実施されてきた食料・農業・環境政策に関する基礎的な知識をベースとして、現在の食料・農業・環境問題を解決するために、国や地方公共団体において実施すべき政策について、考察する力を養う教育を行っています。

食農環境社会学分野

仕事と暮らし、食と環境の歴史的結節点であった農村地域の社会関係は、この半世紀の時間の中、世界規模で激変を被りました。変貌する人と人との関係の在り方に焦点を合わせ、地域社会の将来像を、歴史学・経済学・社会学を駆使して複眼的に考察する研究を行っています。
食農環境経営学分野

環境変化に対応した農業経営組織の発展と人材の確保・育成方策、農業技術の経営的評価と効率的な普及方法に関する教育を行っています。

食農環境会計学分野

農業経営における環境ビジネスモデルに係る先進事例の考察を行い、更に「環境会計」を用いて同モデルを実証的に分析し、その論点や将来展望を抽出できる力を養っていく教育を目指していきます。

食農環境地理学分野

地方における農山村と都市との関わりを自然環境と社会環境の両面から考察し、過去から現在に至る地域空間の変遷を分析して、理想的な将来像を問題提起することを中心に教育を行っています。

教員紹介

   
職名
氏 名
教育研究分野
専門的内容
准教授 家串 哲生 食農環境会計学 ・農業経営における環境会計の構築に関する研究
・農業経営における排出権取引に関する研究
~受験生の皆さんへ~
教 授 岩鼻 通明 食農環境地理学 文化・観光・交通地理学および韓国地域研究
~受験生の皆さんへ~
教 授 小沢  亙 食農環境経済学 地域計画と合意形成
~受験生の皆さんへ~
教 授 金  成学 食農環境経済学 食品安全確保システム構築に関する社会・経済的研究
~受験生の皆さんへ~
教 授 角田  毅 食農環境経営学 農業経営の成長・発展と人材育成に関する研究
准教授 藤科 智海 食農環境政策学 食料産業クラスターによる地域の活性化
~受験生の皆さんへ~
助 教 保木本利行 食農環境社会学 大量生産大量消費経済環境下の保護農政と小農生産技術変貌の社会史
准教授 渡辺 理絵 食農環境地理学 都市ー農村間の人的移動および景観を活かした地域づくり
CONTENTS
Copyright(c), Faculty of Agriculture,Yamagata University. All right reserved.