山形大学農学部
 

森林科学コース

地球温暖化の防止やエネルギー問題の解消、そして生物多様性喪失の防止は人類共通の課題です。国土の7割を森林が占めるわが国では、その賢明な取り扱いがこれらの問題の解決に大きな役割を果たします。こうした背景をもとに森林科学コースでは、森林を単に保護するのではなく、それが生み出す様々な資源を有効に利用しながら、森林が本来もっている環境機能を損なうことなく発揮できる保全管理のあり方を学びます。



  特色ある授業 主な授業

1年次

森林科学概論
森林と樹木の生物学としての特徴、およびその資源利用と人間社会との関わりについて、種々の見地から検討し、森林科学が対象とする学問の概略を講述します。
農学入門
農学最前線
食料生命環境学概論
基礎農学セミナー
森林科学概論

2年次

生物多様性保全学
生物多様性の危機は地球の喫緊の課題です。生物多様性の構造や機能、多様性を生み出している要因について説明し、多様性危機の現状とその保全技術を紹介します。
森林資源利用学
森林政策学
森林生態学
森林情報学
森林フィールドサイエンス

3年次

環境情報科学
自然と人間の関わりの現場で得られる情報の収集方法や処理方法などを理解する過程で、情報管理の重要性を踏まえながら情報の持つ意味について学びます。
森林影響学
自然環境調査論
森林資源化学
海岸砂防学
住宅市場論

4年次

英語講読演習
森林科学コースの各分野に関係のある文献・書籍等を中心として、関連分野の教員のもとでセミナーを行います。
森林科学応用演習
卒業論文

教育研究分野紹介

森林生態学分野

ブナ林や里山などでフィールドワークを中心とした教育・研究を行っています。人類は自然生態系についてごくわずかしか解明していません。このため、環境劣化や生物の絶滅を招いています。地域生態学分野では、生物の環境適応や相互作用に関する謎を基礎研究で解き明かし、これを地域の自然環境の保全、有効利用に応用する方法を提案しています。
流域保全学分野

雪国の里山の荒廃した森林生態系の修復や持続可能な森林管理など森林流域の保全と管理に関わる技術の総合化を目指し、積雪環境と森林・樹木の相互作用、庄内地域の伝統的な焼畑林業と育林放牧を組み合わせたアグロフォレストリー、森林環境教育などの課題について、演習林でのフィールドワークを主体に実践的に取り組んでいます。
森林資源利用学分野

森林には人間にとって欠かすことのできない多様な資源が存在しています。特に樹木は古くから薪や炭は燃料に、木材は住宅に、パルプは紙に利用され、人々の生活に役立っています。このような従来からの利用法に加え、葉や枝、樹皮などに存在する多様な成分の有効利用法や森林生態系での化学成分の役割を考え、研究しています。
林政学分野

森林・林業、住宅、環境問題等について、文献・資料研究とともに実態調査を踏まえ、地域に暮らし働く人間の側から分析・考察し、その発展的展望を切りひらくための研究を行っています。

森林保全管理学分野

森林は樹木集団であるだけでなく、多様な生物が共存する場です。しかし、過度の開発・利用、あるいは森林管理の撤退によって、多くの生物が絶滅の危機に瀕したり、特定の野生動物が急増することで、生物多様性は急激に低下しています。森林が有する様々な生態系サービスを持続的に利用するために、野生生物間および人との相互作用を解明して、生物多様性を保全する森林管理技術の創出を目指しています。

森林影響学分野

森林・樹木と立地環境因子との相互作用、森林景観の形成・維持機構における攪乱の役割、流域・地域生態系の保全のため森林に期待される多面的機能などについて、山から海岸までのフィールドを広く駆けめぐりながら研究しています。
森林資源計画学分野

森林は地球環境を保全する資源として生命に大きな貢献をしているだけでなく、大気中の炭酸ガスを吸収し、木材を生産するという人類にとって貴重な機能を持っています。森林がこのような機能を発揮するためには、森林の時空間的な情報を調査したうえで、森林の動態を予測する必要があります。森林資源計画学分野では、森林から得られる様々な情報を基にした動態の予測や最適な収穫・更新計画や管理方式を提示するための研究を行っています

森林文化論分野

人間は衣食住の多くの素材を森林から獲得し、知識や技能・技術の多くも森林から学び、科学や文化として継承してきました。人間の歴史を支えてきた、こうした持続性と多用性の豊かな森林と森林地域社会の再構築、そして森林地域の文化と教育の再生・継承を課題に、山村社会論、環境教育論、生活科学論の三つの視点から調査研究に取り組んでいます。

教員紹介

職名
氏 名
教育研究分野
専門的内容
教 授 芦谷 竜矢 森林資源利用学 森林資源の利用を目的とした分析・合成・材料化学
准教授 小川三四郎 森林資源政策学 森林・林業の非営利組織に関する研究
准教授 菊池 俊一 森林影響学 流域環境保全および再生を目的とした地表変動と植物群集動態の相互関連解析
教 授 高橋 孝悦 森林資源利用学 森林,樹木の化学成分の解明とその利用
教 授 森  茂太 森林生態管理学 実生から巨木の個体生理学研究
~受験生の皆さんへ~
教 授 野堀 嘉裕 森林資源計画学 林環境情報の解析と利用に関する研究
~受験生の皆さんへ~
教 授 林田 光祐 森林保全管理学 植物と動物の相互関係から見た森林の動態と生物多様性の保全
~受験生の皆さんへ~
准教授 ラリー・ロペス
LOPEZ CACERES MAXIMO LARRY
森林水文学 森林と大気と土壌の水分・栄養・炭素の交換に関する研究
准教授 柳原  敦 森林影響学 海岸防災林に関する研究
准教授 江成 広斗 森林保全管理学 森林性哺乳類の生態及び管理に関する研究
~受験生の皆さんへ~
准教授 林  雅秀 林業社会学 森林の利用と管理における社会関係の役割に関する研究
CONTENTS
Copyright(c), Faculty of Agriculture,Yamagata University. All right reserved.