山形大学農学部
 

Q&A(受験生向け)


Q.どのような学科・コースがありますか。

A.山形大学農学部は、農学を総合的に学ぶ1学科6コース制となっています。 それぞれのコースの詳細については【コース案内】をご覧ください。



Q.入学願書はどうやって手に入れたらいいですか。

A.入学願書の請求については【こちら】をご覧ください。



Q.入試の最高点、平均点、最低点を教えてください。

A.【一般入試】【推薦入試



Q.入学時および在学中に必要な経費はいくらですか。

A.入学料:282,000円
  授業料:535,800円(年額)
     入学料と授業料は予定額です。
     このほか、入学時に学生健康保険組合費や学生教育研究災害傷害保険料など
     学生生活に必要な諸経費を納入していただきます。
  ・学部学生 :79,160円
  ・3年次編入学生 :55,880円
  ・大学院生 :24,780円
     こちらの諸経費も予定額です。



Q.農学部近辺のアパートの家賃はどのぐらいですか。

A.鶴岡市内で3万円~5万円ですが、平均すると4万2千円位の物件への入居が多いようです。



Q.サークルにはどのようなものがありますか。

A.スポーツ系では、バレー部・バスケ部・テニス部、文化系では吹奏楽団・ジャグリングサークル等、平成22年度4月現在、合わせて53のサークルがあります。 詳細は【こちら】をご覧ください。



Q.学生はどのようなところでアルバイトをしていますか。

A.飲食店での接客業務、スーパーのレジ打ち、家庭教師、季節によっては農家での農作業などもあります。



Q.雪は多いですか。

A.山形大学農学部がある鶴岡市は、北日本の日本海側に位置しておりますので、冬はそれなりに雪が多いですが、雪山実習、森林雪氷学など多雪地帯ならではの授業科目があります。なお、鶴岡市は、楽曲「雪の降るまちを」のモデルになった街と言われています。



Q.学生寮はありますか。

A.農学部には、男子のみ定員104人の学生寮、啓明寮があります。



Q.どのような学習をしますか。

A.こちらをご覧下さい



Q.編入学試験はありますか。

A.第3年次への編入学試験があります。募集要項は【こちら】からご覧いただけます。



Q.入学後に転コースすることは可能でしょうか。

A.当該コースの在学生数と定員数とを考慮し、選考の上、許可する場合があります。



Q.奨学金にはどのようなものがありますか。

A.日本学生支援機構奨学金(最も利用者が多い奨学金制度)他、自治体や企業主催の奨学金があります。また山形大学独自で行っている奨学制度もあります。詳しくは【こちら】をご覧ください。



Q.入学料・授業料の免除制度はありますか。また免除の条件はどのようなものですか。

A.授業料納付が困難で学業成績が優秀と認められた上理由を申請し選考の後、免除する制度があります。詳しくは【こちら】をご覧ください。



Q.取得可能な免許状、資格には、どのようなものがありますか。

A.各コースにおいて、それぞれ免許状、資格取得に必要な授業科目を修得した場合、以下の免許状、資格を取得できます。詳しくは【こちら】をご覧ください。

教員免許状、測量士補、食品衛生管理者・食品衛生監視員、樹木医補、森林情報士2級




Q.卒業生は、どのようなところに就職してますか。

A.農業協組合、医薬品・食品・環境サービス等の民間企業、国家・地方公務員としての就職等幅広い分野に就職しています。詳しくは【こちら】をご覧ください。



Q.大学院にはどのぐらいの割合で進学しますか。

A.3割前後が大学院へ進学しています。
CONTENTS
Copyright(c), Faculty of Agriculture,Yamagata University. All right reserved.