山形大学農学部
 
大学院研究科案内

専攻

生物生産学専攻

生物生産は、食料などを産出するという伝統的な農業生産を越えた幅広い範囲を包含します。それは、バイオテクノロジーや情報科学などの先端科学技術を基礎としつつ、それらをさらに戦略的に応用しながら行われてきています。
本専攻は、研究教育組織として安全農産物生産学コース、食農環境マネジメント学コースより構成され、それぞれの専門分野では、生産の原理、農産物の経済、生産基盤および環境の制御に関する専門知識を修得し、研究します。さらに修士論文の作成を通じ、総合的研究能力を養うための理論と実践を学ぶことができます。

生物資源学専攻

生物資源学専攻では、微生物・動物・植物等の生物資源を対象とし、バイオテクノロジー等の先端的手法を駆使したその開発と改良、さらには有効利用について専門的な教育・研究を行います。
本専攻は、食品・応用生命科学コースと植物機能開発学コースの2コースから構成されます。

生物環境学専攻

本専攻は、土、緑および水で象徴される総合科学を基に、地域や国、さらに国際的、地球的規模の現象をも考慮に入れた資源と環境問題についての専門的かつ高水準の教育・研究を目指しています。
森林科学コースと水土環境科学コースの2コースから構成された本専攻では、講義、演習を通じ、個々の専門分野を追求するに足る基礎学力、応用能力さらに最新の知識を修得することが出来ます。さらに各指導教員の指導の下に修士論文の作成を通じ、総合的研究能力を養うための理論と実践を学ぶ事が出来ます。
CONTENTS
Copyright(c), Faculty of Agriculture,Yamagata University. All right reserved.