山形大学農学部
 

山形新聞 連載企画「知の最前線」

山形新聞で連載企画「知の最前線」山形大学農学部がスタート

 山形新聞の連載企画「知の最前線」山形大学農学部が2008421日からスタートしました。毎週月曜日の夕刊に掲載されています。この連載では、山形新聞の記者の方が山形大学農学部の研究室を訪問取材して、記事にしています。農学部のすべての教員が紹介されます。
 農学部というとイコール農業のイメージをもつ人がほとんどです。もちろん、農業生産は農学部の大きな柱の一つです。しかし、農学部の教育・研究領域は農業だけにとどまりません。生物機能開発と応用、未利用資源の活用、自然生 態系の保存と修復、人間の健康など、驚くほど多岐にわたっています。
 全国農学系学部長会議のホームページをみてみると、農学が次のように紹介されています。
1)農学は食料生産をはじめ、人類の生存を保障する科学です。
2)農学は環境調和型の生物機能開発の科学です。
3)農学は人類の生存を視野に入れたグローバルな資源環境科学です。
4)農学は生命科学を採り入れ,発展しつつある学問です。

5)農学は豊かな人間性を醸成する学問です。

 連載記事を読んでいただき、広範な教育研究領域をカバーしている農学部を知っていただき、山形大学農学部に興味と関心をもっていただければ幸いです。

   これまでに掲載された内容を紹介します.


平成20年度分(第1回~第41回)はこちら


平成21年度分(第42回~第63回【最終回】

第63回 2009年 9月14日   奥山 武彦研究室(地盤環境学)
「大地の内部を診断」

第62回 2009年 9月 7日   池田 和生研究室(果樹園芸学)
「果樹の開花・結実早める」

第61回 2009年 8月31日   家串 哲生研究室(農業会計)
「農業に『環境会計』を導入」

第60回 2009年 8月24日   佐々木 由佳研究室(栽培土壌学)
「稲の生育、土壌より気象」

第59回 2009年 8月17日   高橋 孝悦研究室(森林資源利用学)
「心材が色づく要因探る」

第58回 2009年 8月10日   金  成学研究室(農業経済学)
「WTO体制での食料確保」

第57回 2009年 8月 3日   梶原 晶彦研究室(水質水文学)
「下池の富栄養化を防ぐ」

第56回 2009年 7月27日   上木 勝司研究室(環境微生物学)
「好熱、好冷性微生物に注目」

第55回 2009年 7月13日   戸津川 清研究室(生殖生物学)
「人類脅かす環境ホルモン」

第54回 2009年 7月 6日   大久保 博研究室(河川環境・農業水利)
「生物と共生へ利水・治水」

第53回 2009年 6月29日   保木本利行研究室(農業経済学)
「金融危機後の農村考える」

第52回 2009年 6月22日   三橋 渉研究室(植物生化学)
「一つの細胞から植物再生」

第51回 2009年 6月15日   安中 武幸研究室(土壌物理学)
「不思議な砂のメカニズム」

第50回 2009年 6月 8日   笹沼 恒男研究室(植物遺伝育種学)
「コムギの進化、育種探る」

第49回 2009年 6月 1日   五十嵐喜治研究室(食品機能科学)
「有用成分を創り出す」

第48回 2009年 5月25日   佐藤 智研究室(動物生態学)
「生物多様性を生み出す」

第47回 2009年 5月18日   小沢 亙研究室(農業経済学)
「地域のやる気引き出す」

第46回 2009年 5月11日   長谷 修研究室(植物病理学)
「微生物の力で植物を強く」

第45回 2009年 4月27日   村山 秀樹研究室(農産物生理化学)
「西洋ナシ食べ頃判定」

第44回 2009年 4月20日   角田 憲一研究室(栽培土壌学)
「水田の窒素を“追跡”」

第43回 2009年 4月13日   小笠原宣好研究室(花卉園芸学)
「『もってのほか』は3系統」

第42回 2009年 4月 6日   堀口 健一研究室(家畜管理学)
「枝豆の葉や茎を飼料に」

CONTENTS
Copyright(c), Faculty of Agriculture,Yamagata University. All right reserved.
プライバシーポリシーホームページ運営要項 | このページの上部へ