教育研究の概要
 主に実験動物や家畜・家禽を対象とした動物の生殖生理学と生殖工学について教育研究を行っています。
 特に酸化ストレスや環境化学物質などの環境因子、また加齢による生殖細胞の発生障害の分子機構を解明し、畜産領域や高度生殖補助医療領域、希少動物保護などへの応用技術開発を目指した基礎研究を行っています。

イメージ
                  
芋煮会(17/10/07)
NEWS

更新履歴
 山形大学大学院・農学研究科・動物機能調節学分野
 Laboratory of Animal Reproduction, Graduate School of Agricultural Sciences,Yamagata University
 山形大学・農学部・食料生命環境学科・動物機能調節学分野

  Laboratory of Animal Reproduction, Department of Food, Life, and Environmental Science, Yamagata University
  〒997-8555 鶴岡市若葉町1-23

フッターイメージ