山形大学農学部

分子細胞生化学研究室

研究内容

研究業績

メンバー

 最近のニュース

平成29年3月17日〜20日
 日本農芸化学会2017年度大会 (京都) で発表。


平成28年10月8日9日: 
2016年度日本農芸化学会東北支部大会(&若手の会)(山形県鶴岡市)で発表。

平成28年10月:
栽培イネの直接の先祖Oryza rufipogonKSL遺伝子の特徴付けに関する論文(栽培イネのジャポニカ系統ではオリザレキシンなど独特のジテルペノイド生合成経路が発達したのか!?)がBBRCに採択。


平成28年6月21日25日:

 
22th International Conference on Plant Growth Substances (Toronto, Canada) (第22 回国際植物生長物質会議、トロント市)で発表。

平成284
 イネのジテルペン系ファイトアレキシンの生合成遺伝子クラスターの形成過程についての進化モデルを提案した論文(イネの病害抵抗に関与する低分子化合物モミラクトンとファイトカサンの生合成遺伝子クラスターは人類によるイネの栽培化前に既に完成していた!)が
The Plant Journal に採択。