山形大学農学部

文字サイズ

Winter school in Japanを実施しました

 

 平成30年度「食-農-環境連携を担うグローバル人材育成事業」の一環として、2月24日(日)から3月8日(土)までの14日間「Winter school in Japan」を実施しました。
 学術交流協定大学の一つであるハノーヴァー大学(ドイツ)より大学院生17名と教員2名が来学し、本学から10名の学生が参加しました。
 本学部演習林での雪山実習のほか、風力発電施設、山形県森林研究センター、宮城県石巻市の海岸林などを見学し、本県及び隣県における農林産業について学びました。

 
▲鶴岡市善宝寺にて             ▲演習林にて雪山実習

 
▲スクールバスと一緒に          ▲バイオマス発電所を見学

 
              ▲宮城県石巻市の海岸林にて▲

(2019.5.14掲載)