山形大学農学部

文字サイズ

バイオサイエンスコース

植物や微生物、高等動物など多様な生物を対象とし、これらがもつ生理機能の解明、有用機能の探索・改良など、広範囲の領域を基礎から応用まで学びます。

【育成する人材像】
生命科学、食品科学などに関わる現場で活躍できる人材

【学べる分野】
栄養生理学、応用微生物学、食品栄養化学、食品創製科学、植物遺伝・育種学、植物遺伝資源学、植物栄養学・土壌学、生物有機化学、動物機能調節学、農産物生理化学、発酵制御学、微生物資源利用学、分子細胞生化学

教育研究分野と教員

教育研究分野
(五十音順)
氏 名 職名 専門的内容
栄養生理学 鈴木 拓史 准教授 栄養・食品成分による消化管生理機能の維持または回復メカニズムに関する研究
応用微生物学 加来 伸夫 教 授 嫌気性微生物の生理・生態学および微生物を用いた環境浄化
食品栄養化学 井上 奈穂 准教授 食品由来機能性成分による生活習慣病の予防・改善に関する研究
食品創製科学 永井  毅 教 授 食材や未・低利用資源由来の食品加工・製造・分析技術開発ならびに地域食品開発
植物遺伝・育種学 笹沼 恒男 准教授 ムギ類を主とした植物の進化・多様性解析および遺伝育種学的研究
植物遺伝資源学 江頭 宏昌 教 授 在来作物を主とした有用植物遺伝資源および育種技術の開発に関する研究
植物栄養学・土壌学 俵谷圭太郎 教 授 根圏土壌における共生微生物の生態生理と高等植物の栄養生理
植物栄養学・土壌学 程  為国 教 授 植物土壌生態系における炭素・窒素の循環と地球環境の関わりに関する研究
生物有機化学 村山 哲也 教 授 自生生物に含まれる機能性物質に関する研究
生物有機化学 網干 貴子 准教授 植物と昆虫の相互作用にかかわる生理活性物質の研究
動物機能調節学 木村 直子 教 授 哺乳類卵母細胞の減数分裂機構、家禽類の生命工学技術の開発
農産物生理化学 村山 秀樹 教 授 農作物の品質保持ならびに収穫後生理に関する研究
農産物生理化学 及川  彰 准教授 代謝物動態の包括的な理解による様々な生命現象の解明
発酵制御学 小関 卓也 教 授 糸状菌の産生する有用酵素の探索および酵素工学的研究
発酵制御学 塩野 義人 教 授 微生物や植物により生産される生理活性物質に関する研究
微生物資源利用学 服部  聡 准教授 新規有用微生物資源の探索・分子微生物生態学的研究
分子細胞生化学 三橋  渉 教 授 高等植物の発生・分化・成長の生化学的・分子生物学的研究
分子細胞生化学 豊増 知伸 教 授 テルペン類の生合成に関する分子生物学的研究