山形大学農学部

文字サイズ

令和元年演習林入山式を行いました

 令和元年5月6日(月)、鶴岡市上名川にある農学部附属やまがたフィールド科学センター演習林において演習林入山式が行われました。
 この行事は、演習林の前身である山形県の模範林当時から毎年行われているものであり、大正5年5月6日に祠 (山の神) を建設し入山者の安全を祈願することを起源としています。
 大型GW最終日の当日は晴天に恵まれ、小山学長はじめ本学関係者、東北森林管理局庄内森林管理署をはじめとする各行政機関等及び演習林の所在地である鶴岡市名川地区関係者が出席し、演習林における諸活動の安全を祈願して「山神祭」が執り行われました。
 演習林管理棟に場所を移し開催された懇談会では、本学農学部の学生が調理した山菜料理等を味わいながら、本学関係者と地域の皆様とで活発な交流が行われました。
 また、本センター菊池流域保全部門長から、演習林における昨年の活動の報告や今後の取組み等について紹介があり、出席者は熱心に聞き入っている様子でした。
 本演習林では、教育・研究活動の他、地域貢献、国際交流等年間を通して様々な事業が実施されますが、参加者の安全を第一に考え、教職員一同諸々の活動に取組んで参ります。

  

  

(2019.5.9掲載)